« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月30日 (日)

冬コミ新作を某執事喫茶風に語る

お帰りなさいませ。お嬢様。

お外は雨が降っているようで、お体も冷えてしまったでしょう。
どうぞこちらで暖をおとりください。


この度わたくし、ご縁ありまして男装の麗人『鷹岡とあ』様のお手伝いをさせていただいています。
今回ご依頼を受けて製作しましたのは、鷹岡様を模した約55mmのマスコットフィギュア。
鷹岡様をお慕いするお嬢様の為に、彩色済み完成品にてのご提供でございます。
Toa_2

それでは製品のご説明をさせていただきます。

Dsc07770_4  量産にあたって、可能な限り彩色行程を省く為に8パーツに分けて分割しています。
パーツが増えるに伴って手間のかかる整形作業を考え、色を塗った方が早い部分は一体成型です。
3色のキャストを使えば、組むだけで完成に近づきます。
瞳と台座の文字にはアルプスのプリンタで作ったデカールを使用。
使いやすさで定評のあるボークスの透明シリコンで型を取った後、真空注型機を使用して量産しました。
健康に害を及ぼす影響の少ない、ウェーブ製ノンキシレンタイプのホワイトキャストEXで生産していますので、実際に色を塗ったのは黒と肌色の二色。
筆を入れたのはネクタイ、靴、眼鏡の三箇所のみです。


以下のスペースにて販売いたします。

三日目 西る-17a melabianca*

数に限りがございますので、お見逃しのない様ご注意ください。


また、池袋の名店『ワンダーパーラーカフェ』の門外不出だったマニュアルをまとめた書籍も委託されているようでございます。
興味がありましたら是非お手にとってご覧ください。


っと、そうこうお話している間に、お嬢様、乗 馬 のお時間でございます。
え?今日は乗馬ではない。

なるほど。今日は コミケ……でしたな。

ますます寒くなりそうです。
どうぞ、お体に気をつけていってらっしゃいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

シンナー中毒

Image493_3 今の部屋に引っ越してきて、初めて室内で缶スプレーとエアブラシを吹いてみた。

塗装ブースも組んで準備万端。
のはずが、あっという間にフィルターが詰まって粉塵が室内に舞い上がる。

机の上が塗料の粉まみれです。

換気扇がシロッコファンなので、フィルター外すとすぐに駄目になりそう。
自作するより安くあがりそうだったのよぉ。

換気する時の絶対条件って、排出する量以上のエアを取り入れないといけないんだけど、そういえば完全密室だったよ。

寒いんだよね~(><

部屋を閉め切ってプラモを作っていると、プラモ狂四郎の一話を思い出しますねw
エアブラシといえばコアブースターです(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

WHF有明終了しました

写真はヤフオクに出品されていたものから転載w

WHF終了しました~
参加された皆さんお疲れ様でした。


今回が初出の「初音ミク」が大人気。
ミクを出していたディーラーさんに行列が出来ていて、注目の度合いが計れました。
他には「らき☆すた」。
そして「グレンラガン」のヨーコ。
ただし、ヨーコはどこも同じポーズなので代わり映えしないという意見も。

同じく初出の燦ちゃんは、宣伝がなかったからなのかイマイチふるわなかったですよ。

午後からはたくさん写真撮られたので、好評ではあった様子。

ワンフェスには出さないので、次回のWHF名古屋では果たしてどう読めば良いものか…



今朝は時間通りに目が覚めて準備も万端。
出来た時間に書類の記入を終わらせる余裕!

ところが外は雨。

大半の荷物は発送を終わらせているものの、両手に抱える荷物があるので傘をさせない。
大事をとってタクシーを呼ぶことにしました。

タウンページを開いて、広告の大きい順に電話したけれど、三社連続で近所を走るタクシーがないので配車出来ないとな。

四社目に関しては電話にすら出ない。

仕方ないので、荷物持って試しに道路沿いまで出てみたさ。

すると何。
信号待ちにたくさん並んでるじゃないか。

何が近所にいない。だ。

一台捕まえて顛末を話すと、運ちゃんに納得されてしまった。

「日曜朝でしかも雨。誰も乗せたがらないですよ。早く帰りたいんです(笑)」

おいおい、それって乗車拒否じゃねーかw


運ちゃんが若くて話せる人だったのでビックサイトまで話しながら乗ってました。

「今日何かあるんですか?」
「へぇ。マンガに人形に模型にコスプレ。幕張ではジャンプ祭です。ちなみに来週はコミケという以下略」

コミケ前なのにオタク率高!

残す作業が多いので、早めに帰るつもりでした。

でも、連れのモデラーさんにはお手伝いしてもらいながら終始模型談義してましたし、出先でみっちり語り合ったり、お知り合いも多く尋ねてきていただいたので、結構忙しかったりします。でも技術論から業界裏話まで話し合ってすごく楽しかったw


なんだかんだで終了までいて、串田アキラのミニライブを眺めてきましたよ。


軽い打ち上げを終えて、眠い目をこすりながら帰途についたのですが、上野行きの山手線で起きるのがめんどくさくなってそのまま池袋へ直行(笑


一服ついて一安心。


明日はクリスマス?
いえいえ。自宅で作業してますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

パンドラの箱のフタを開ける

648906047_230

プラモのフタを開けてしまったよ!!

パチンパチンとニッパーでパーツを切り取るのが楽しいw

接着剤の匂いが懐かしいw


プラモってさ、箱を開けて、ランナー状態のパーツ郡を眺めて完成させた時を想像して楽しむもんだよね?
1/144のデンドロビウムを箱から出して、部屋一面に広げた後また片付けることやったことあるよね?
スケールモデルなんて、資料を集めている時が一番楽しくない?
例え組みあがったとしても、サフを吹いた状態で満足して彩色まで届かないなんて当然だよね?
ガンプラを作るときに何が一番めんどくさいかって、パーツを切るところだよ。


そんなパンドラの箱を開けてしまった……

明日早速プラカラー買ってこようw

コンプレッサーも欲しくなってきたよ。
リニコンでいいから安く手に入らないかしらん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

【ラウンジ】リッツ・カールトン【巡り】

ぴかぴか(新しい)ホテル"ザ・リッツ・カールトン東京"のラウンジへ行ってきましたホテルぴかぴか(新しい)

ドレスコードがわからなかったので、とりあえずスーツにネクタイ。
一張羅を着る度に、普段から慣れておかないといけないな。と思うヨ……。

東京ミッドタウンのメインタワー45階にあります。
オフィス棟の上に、ペントハウスのように合体しているのがホテルの部分。

Image469_3 耳がツンとなる高速エレベータで一気に上昇。
ホールを抜けると、眼前に3フロア分の高さを占める広大な開放的な空間が飛び込んできました。
思わず絶句。
とても地上200mの高さにある場所とは思えません!

正面にはクリスマスツリーがそびえ、その向こうの窓からは東京の町並みが一望できます。

ラウンジの入り口に向かうと、11頭身はありそうな長身の外人スタッフが尋ねてきました。

”Reservation?”

あわわわ。。いきなり英語ですかい!冷や汗あせあせ(飛び散る汗)

「あ~、アイハブノーリザベーション」あせあせ(飛び散る汗)

”Whats?”

日本人のスタッフがやってきた。

「すみません。予約ないんですけど……」


アフタヌーンティは予約ができるみたいです。
上手くすると、窓際をおさえることができるのかな。
今日は曇っていたので、あまり眺めは良くなさそうでした。


メニューは、
「ザ・リッツ・カールトン アフタヌーンティー」と
「ヘブンリー・ティータイム」
の2種類。

違いは前者にはシャンパンがつくということです。
『ペニンシュラ』に行った時に驚きましたけど、そういえば『スワロウテイル』にもシャンパンのセットがありましたな。


リーズナブルな方の「ヘブンリー・ティータイム」セットと、紅茶には「ザ・リッツ・カールトン東京スペシャルブレンド」をオーダー。

テーブルの上に並ぶティーセットはウェッジウッド。
きっとホテルオリジナルなのでしょう。
そして、封の切られていない小さなジャムの瓶が4種並べられています。

先にポットティーが運ばれてきました。

ここではティーコゼーではなく、小さなキャンドルを内臓したポットウォーマーの上にポットを置きます。
砂時計の砂が落ちる頃に……あれ?途中で止まっている。。
その頃を見計らってスタッフのお姉さんがやってきて紅茶を注いでくれました。
オリジナルブレンドの紅茶は綺麗なオレンジ色の水色。
シナモンの向こうに若干スモーキーな香りが見えます。

半分ほど飲み干すと、気付いたスタッフがすかさず注ぎ足してくれます。
結構大きなポットだったので、4杯近く楽しめました。

Image471_2しばらくするとティースタンドが運ばれてきました。
スコーンはプレーンとレーズンの二種。サンドイッチやケーキ、タルトの説明を順番にしてくれますが、種類が多すぎて覚えていません。それぞれ4種ずつあったのは確か。

一つ一つは一口サイズでとても小さいのですが、種類が多いせいか、もの足りなさは感じません。

ピアノとフルートの生演奏を聞きながら、夕方にかけて少しずつ暗くなっていくラウンジでラグジュアリーな時間を過ごしてきました。

気になるお値段は3900円(税込み)+サービス料(10%)
値段だけだとペニンシュラよりも高いのですが、得ることのできた満足感は遥かに上質ですぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

同じフロアに併設するレストランはディナーから。
コースで25000円。ワイン込みで35000円ですと。
いつか、然るべきマナーを身につけたら行ってみたい……。

すっかり日が落ちた頃に下界へ戻り、メインエントラスへ出るとコンシェルジュが
「タクシーですか?」
いや、歩いて帰ります……駅近いし。
やっぱり、ちゃんとした恰好してると扱い方が違うのかなw

Image475
ミッドタウンのショッピングモールをぶらついていたら、先週ワイドショーで紹介されていた「江戸切子を模したクリスマスツリー」を見つけました。
さらに地上を見下ろすと、青色LEDが敷き詰められた芝生の上に天の川が流れています。

闇夜の中、一面に輝く青色の光がとても幻想的でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »